キャノンメンバー紹介

※注意 画像はイメージです




第4代(4年)

 

顔写真 備考
キャノンボール4代目代表(前々代表)。大学から始めたとは思えないほどのビリヤードの腕前の持ち主。いつも冷静沈着で寡黙な九州男児だが、その割に酒はあまり飲めない。先輩には礼儀正しく、タメとのギャップが激しいらしい。たまに外人であり、メンズノンノとかに出てそう。
鳥取県出身。故郷のプチ近代化を誰よりも喜んでいる。にこにこしてて憎めないけれど、鳥取では少々やんちゃしてたという噂。緑や紫のおうちで育ち、しかもスケートは国体レベルらしい。意外性十分です。とは言えミズスマシ系(スピードスケート)か白タイツ系(フィギュアスケート)かは不明なので知りたかったら本人に直接聞いて下さい。見た目の印象は、『愛敬のある良い人』。言わばムツゴロウさんにも顔舐められてそうなタイプです。でも、実際に舐めたら怒りそう…興味のある方は試してみて下さい。
キレイ好き。ビリヤード好き。何よりもBoAが好き。 ノリのよさはキャノントップ。誘えば来ます。 キャノンのお兄さん的存在。
玉屋より雀荘での出現確率のほうが高い雀士。 実家は京都のお金持ちらしいが、なぜか奨学生。
司法試験とロースクールの勉強が忙しく練習ではほぼ見かけないが、 イベントではことあるごとに顔を出して、サークル思いの一面を覗かせてくれます。
知る人ぞ知るアメリカ帰りの樋口君。高校時代は体操部に所属していたためにキャノン指折りの筋肉質である。代表・新歓代表と同じくらい練習に参加するも、家が遠い(千葉)ためアフターに出られないのがもっぱらの悩みらしい。
見た目の好青年ぶりは内面の裏返し。 実際は文庫マニアであり、中学生マニアでもある。とはいえ、ネクラではなく明るく楽しいやつです。 最近就職活動に精を出しているが内定はまだ出ていないらしい。
元キャノン副代表ゆかりちゃん☆たびたび夜の街に消えていくところを目撃されておりキャノン謎キャラ2トップの一翼を担う。うわさでは秘書っぽい仕事しているとのこと。
(以下は某4男の妄想です)
F社長「ゆかりクン、お父さんの会社が大変なんだって?私でよければ相談に乗るぞ」
ゆかり秘書「えっ、本当ですか?」
F社長「ゆかりクンがよければすぐにでも融資が可能だが。まあこんなところじゃなんだ、詳しいことは今夜品川プリンスホテルで。九時に来なさい。」
ゆかり秘書「えっ‥‥どういうことですか‥‥?」
F社長「ゆかりクン、私の言っている意味がわかるだろう?スイートを君のために予約したんだ。九時だよ、ゆかりクン。お父さんを助けたいんだろう?待ってるからね。」
ゆかり秘書「そんな‥‥。」
就活などで忙しいのにいつもとりあえず麻雀に誘ってくる。麻雀とお酒が好き。橋本聖子のものまねが得意という話もある。
最近はもっぱらスーツ姿で、一般人に紛れて球を撞いてる。
- 仕事が早く何でもそつなくこなすキレ者。IQ140。 キャノンのツコッミ役。意外と男らしい一面も、たまに垣間見せます。
- 天然すぎて天然記念物。 声とスタイルと髪がキレイな彼女は、実は某ミスコン(全国規模)のグランプリ。 それでも全く気取らないマリモをみんな大好き。
「こぬま」ではなく「おぬま」。 おとなしそうな素振りとは裏腹に、その上着の下には昔剣道で鍛えられた強靭な肩筋を隠し持っているらしい。 W大学に通う女子大生で、キャノンの中では珍しい貴重な存在。
クリリンのことかー!!??」 築地のすし屋の申し子。威勢がよくて江戸っ子っぽいが、顔が小さくて可愛い。
Al・ex・an・dra /lgzndr|‐zn‐/
アレグザンドラ 《女性名; 愛称 Sandra,Sondra》.
新英和中辞典 第6版 (研究社)調べ


第5代(3年)

 

顔写真 備考
五代目代表(前代表)。天然ぶりは最高!愛にアツい男。オープンリーチに振り込むのが得意。
キャノン1の大男(188.9cm)でマリノス好きのサッカー野郎。しっかりもので頼れる兄さん。
強い酒ならこいつにおまかせ。徹子の部屋を毎日チェキ!キャノンのソラミミストとしても有名でタモリ倶楽部に毎週投稿する強者。
言葉遣いが丁寧なやさしいお姐さん。
本名はヨンジュン・ペ。カラオケ大好きで思わずマイクが垂直に立っちゃいます。
W.C先輩の一言「お前、なんかへぼくね?」から、みんなから「ヘボ」と呼ばれ親しまれる。動物占いだとシロナガスクジラ。
聖心女子大で、去年の副代表。三度の飯より合コン。週1で合コン。
- 去年の副代表で、キャノンでは珍しい東大生の女の子。
子供のまま大きく育ったような無邪気な一面を見せる・・・と紹介していたところ、異議が多数寄せられた。天真爛漫ではないらしい。 香川県民だけあって異常にうどんにこだわりをもち、讃岐うどんとおっぱいがないと生きていけないと語る。
- 自動車部にも所属。バイクも乗るモーター好き。座右の銘は「何でもかんでも乗り回す」。
- 佐藤美奈さんのお友達の早稲田生。お笑いサークルもやってる女の子。
去年の駒場際責任者。写真部の重役もやっていてお忙しいお兄さん。
何よりも麻雀好きの関西人。ビリヤードよりもイベントにひょこひょこ顔出すちゃっかり者。ときどき消えるがまた現れる。
- フラメンコサークルにも所属。踊ってる姿からは想像もできないほどキャノンでは天然ぶりを発揮していて、その意外な行動の数にはいつも驚かされる。
- ICU出身の看護学生で、妹想いの優しいお姉さん。アーチェリーの腕前はなかなかのものらしい。
(´・ω・`) 理三。


第6代(2年)

 

顔写真 備考
キャノンボール6代目代表、つまり現代表。彼女はいないが最近結婚を真剣に考えている。将来的には子供は三人くらい欲しいらしい。映画のような恋愛がしたくて沢山の恋愛映画を借りてきて独りで見ているという噂もある。人の名前を覚えるのが苦手で代表としては痛い弱点を持つ。
『三度の飯よりカンが好き』(ドラが増えるから)。とりあえず麻雀好き。名前が難しいがこれでコモダと読むらしい。夏合宿で福井氏に「名前わからんやつはみんな『こもりん』だ!」と言われて以来ずっとみんなから「こもりん」と呼ばれる。 飲み会ではゆーこ姉さんの陰に隠れてはいるが副代表。実はがんばり屋さんでこのホームページもすべてこもりん制作。
現副代表兼切り込み隊長。『三度の飯より酒が好き』この理由は本人に聞いて下さい。座右の銘は『持たせたグラスは放させない』しかし何気になんでもアツく参加してこなしてくれる頼れる姉さん的存在(なはず)。「ゆーこお姉さん」と呼んであげて下さい。
「ふくだ」ではなくこれで「そえだ」と読むというややこしい名前。更に「有紀」も「ゆうき」とよむらしい。「『フクダユキ』ってなんか女の子っぽくね?」ということで新歓代表に決定した男。キャノン内部では「ゆきちゃん」の愛称で親しまれる。
若林姉さんと同じく清泉女子大の女の子。ビリヤードがうまく頼れるお姉さん。
沖縄生まれ沖縄育ちの沖縄大好きな女の子。クラブで夜通し踊り倒すのが日課であるらしい。
御茶ノ水女子大学裏千家流茶道部部長の彼女もキャノンの一員。彼女に会ったら「友子、ちょっとお茶でもだしなさい」と言ってみましょう。きっと抹茶が出てきます。
『なんで私が東大に!?』で一躍有名になった四谷学院のイメージキャラクター。真章と書いて「マックス」と読む。
K−1ワールド真章。
四谷学院は授業だけのシステムとは違って、やる気さえあれば間違いなく受かる学習システムになっていた!55段階でみるみる数学がアップ!


第6.5代(プロ)

 

名前 顔写真 備考
田名部 徳之 年齢:31歳、精神年齢:18歳、職業:プロフェッショナルスリークッションプレイヤー、キャノンでの役職:技術顧問
キャノンボール期待の新人。他サークル(?)JPBFにも所属、スリークッションのトッププロ。無論ポケットもSA級です。「ビリヤードサークルに入りたい」という本人の一言から、特別枠で入部ケテーイ! 最近はダイエットと禁煙がマイブームだという田名部くん。好物はこんにゃく畑と烏龍茶。
中学時代に初めてキューを握ってから、驚くべき早さでめきめき腕を上げ、かの伝説のアマチュアポケットプレイヤー後藤章二さんに師事を受ける。3Cの世界に入ってからは、世界チャンピオン小林伸明プロの指導のもと、若くしてプロになり、その才能を遺憾なく発揮、あっという間に国内ランキング上位の常連となる。国内外を問わず数々の大会において優勝、入賞、予選落ちの実績を持ち、日本を代表する3Cプレイヤーの一人。日本一練習しないプロとも言われるが、キャノンボールに入って心機一転、まじめに精進することを約束したので、これからのさらなる活躍が期待される。 おもしろくて人当たりがよい人なので、みなさん機会があればビリヤードのことでも個人的なことでもいろいろ質問してみましょう。確実にイメージが壊れます。 名言「女子高生は神様です」 現在彼女募集キャンペーン開催中。 みなさん新入生の田名部くんにやさしくビリヤードを教えてあげましょう。









第3代

顔写真 備考
通称ももやん。好物はビール。酒豪と評判であるが、最近は、めっきり弱くなりつつある。普段からボケっぷりが炸裂しているので、話していて飽きない。
3代目総長にして第1回サークル内大会の優勝者。群馬きっての元ヤンだが、その外見とは裏腹に実は相当な甘えん坊である。しかしビリヤードへの情熱は誰にも負けないアツい男でもあり、マイキューを握った彼はまさに「群馬の虎」と言えるだろう。
通称センパイ。その名のとおりキャノンの先輩的存在であるが、最近後輩に成り下がってしまった。ビリヤードもなかなかの腕前だが、彼の本領はサッカーをやるときに発揮される。自称「島根の黒豹」らしい。
通称舞ちゃん。ダンスサークル「wish」にも所属(最近はむしろそっちがメイン?)。趣味はサッカー、ダンス、ビリヤード、おしゃれと、いかにもかっこよさげな人物である。思い立ったが吉日ってな感じの行動力の持ち主。
「かっくん」の愛称で親しまれる。決して最後に「に」をつけてはならない。自動車部にも所属しており、マイカーを持っていてなんともうらやましい。彼の笑顔にはいつも癒されます。
彼女の名はうらん。その身体に悪そうな名前とは対照的にわれらがキャノンボールのオアシス的存在。そのやわらかなオーラは見ているだけで人にやさしくなれそうな気がする。とてもかわいいお姉さんなのだが頭が悪そう(悪い?)のが玉に瑕(きず)。うらん曰く『−1+1=1』だそうだ。ただいまイケメン家庭教師募集中。
- 通称みっちゃん。2年から加入したが、今やキャノンのアイドル的存在。ずっと笑顔でいたかと思うとおもむろにおもしろいコメントを残してくれる。そのミステリアスな魅力に野郎共はメロメロです。
3年の中で唯一「さとる」と下の名前で呼ばれていることがその人気を証明している。青森という北国出身なだけに、雪の中では最強である。そして寒さに負けない熱いハートも持っている。しかしストイックかと思いきや、ミーハー教教祖という一面も持っていたりする。
通称まっしゅ。なぜそのあだ名で呼ばれるようになったかは謎。2年からの入会だが、ビリヤードの腕はめきめき上達し、先の大会では生方をも脅かした。かっくんと同クラ。
前副代表。副代表就任直後から猛練習し、女子部では最強(かもしれない)。先の大会では準優勝に輝く。お酒が大好きで、酔うと博多弁を自在に操るが、出身はまったく別。尻にしくタイプである。
2001年度ミス東大。しかし実は失敗のほうの「ミス」ではないかと疑われている。いろんなところに神出鬼没に現われる。
ある意味中学生がそのまま大きくなったような男である。その意味は彼とのつきあいが深まるにつれて自ずとわかるだろう。イニシャルはW.Cではないので要注意。
「ねえさん」と呼ばれることが多く、その名のとおりキャノンの姉さん的存在。たまに名字と名前がわからなくなる。時に年寄りめいたことをいい、時に若ぶる。

まだまだ追加して行きます。お楽しみに!!

1、2代目はこちら





Back


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO